スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月発売!!モデルファクトリーヒロの1/12スケール新商品はF1 1980年台を代表する126C2ですよ(´・ω・`)

F1模型ファンならこのクルマがこういった形で
登場することは待ち望んではいましたが正に究極です!!

1/20スケールではフジミやプロターなどからキット化されてることや
1/12スケールではレベルからキット化されていることも
踏まえても今回ご紹介するモデルファクトリーヒロ製
1/12スケール フェラーリ126C2は別格といえるでしょうね(´・ω・`)

SKMBT_C25314042419180.jpg

このマシンに関しては説明は必要ないかもしれませんが・・・

126C2は1982年の開幕戦から最終戦まで使用されこの年のコンストラクターズ
チャンピオンに輝いたマシンでありながら名ドライバーを
失った悲劇のマシンでもあります。

前年の126CKからエンジンなど流用された部分が多いですが
大きなところではセミモノコックからフルモノコックに
シャーシは変更されタイヤはミシュランからグッドイヤーに変更。
中盤からはブレーキディスクにカーボンをフェラーリでは初採用するなど
意欲的なマシンです。

マシンのスタイルのカッコよさはともかく126C2を語る上では
やはりドライバー G.ヴィルヌーヴの最後となったF1マシンというこで
ファンには忘れられない1台となるでしょう。

チームメイト同士の関係の悪化やD.ピローニの事故による引退など
勝たなければならない名門フェラーリの影が見え隠れした
1年となりました。

そんなフェラーリ126C2はGPごとの仕様変更が豊富です。

代表的なものではウイング幅のレギュレーション規定での
裏をかいたダブルウイングのロングビーチ仕様など
結局 失格になりましたが独特なスタイルは印象的です!!

またチームメイト同士の不信感を決定的なものにした
サンマリノGPでのワンツーフィニッシュしたマシンに
もちろんG.ヴィルヌーヴ生涯最後のレースとなったベルギーGP
ソルダー・サーキット予選でのマシンも再現できます!!


模型的な作りに関してはモデルファクトリーヒロ製
フルディテールキットの作りは組み立てやすさ細部の再現など
言うことなしの一級品キットとしてオススメできます(´・ω・`)

1/12スケールというビッグスケールを間延びさせない作りは
フルディテールキットならではの情報量の多さを
インスト通り組み上げていくだけで達成出来るのは嬉しい事です。

伝説のF1マシン フェラーリ126C2を究極の完成度を誇る
最新キットで制作してみませんか(´・ω・`)


ご予約はコチラへ→【05月予約】 MFH 1/12 フェラーリ 126C2
Ver.A 1982 ブラジルGP (レジン・メタルキット)[K433]



ご予約はコチラへ→【05月予約】 MFH 1/12 フェラーリ 126C2
Ver.B 1982 U.S. West GP (レジン・メタルキット)[K434]



ご予約はコチラへ→【05月予約】 MFH 1/12 フェラーリ 126C2
Ver.C 1982 サンマリノGP (レジン・メタルキット)[K435]



ご予約はコチラへ→【05月予約】 MFH 1/12 フェラーリ 126C2
Ver.D 1982 ベルギーGP Qualify (レジン・メタルキット)[K436]






模型店クアトロポルテH・P


クアトロポルテ通販




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

店長

Author:店長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。